おすすめ記事
おすすめ記事
おすすめ記事
おすすめ記事

建築中の新居に行く予定が私の我儘に怒った母に家に置いて行かれた。が、私は一念発起した



11: 名無しさん@おーぷん 2015/01/27(火)00:00:20 ID:A38


自分というより母の修羅場だったと思う話。

私が小学校低学年の頃、今の家から7~8km離れたところに引越しが決まった。

新居は日曜大工が趣味の父が半年ほどかけてリフォーム。

リフォームは基本土日で、朝方に父が新居へ行き、昼頃に昼食を用意した母が私を連れて新居へ向かうのが常だった。

で、ある日の昼頃に私は母と喧嘩をした。理由は確か私が我が儘を言ったせい。

母は「そんなこというなら、お母さんたちが帰ってくる夕方までお留守番してなさい!」と家を出て行ってしまった。
















でも私は「お母さん優しいからどうせ連れてってくれる」と思い待っていた。そしたら、母の車の音が遠ざかるのが聞こえた。

実は母は昼食用のお弁当を取りに行ったら一旦戻ってきて、私を回収する予定だったそうなんだけど、

私は「置いていかれてしまった!」と結構ショックを受けていた。

もちろん留守番はしたことはあったけど、一人っ子の私には、「父と母は一緒なのに、私だけ一人」という状況が耐え切れなくてメソメソ泣いてた。

このまま泣いてりゃ良かったんだけど、何故かここで「じゃあ自分で行こう!」と一念発起。

リュックサック担いで、水筒に水道水詰めて、車庫側の裏口から外に出た。

車庫の電動式のシャッターを下ろして、戸締り完成。

そのまま地元の商店へ行って、10円のガムやら飴を手持ちのおこづかいで買えるだけ買った。

新居へは車でしか行ったことはなかったけど、その近くにあるスーパーによく行っていたため道順は覚えていた。

飴舐めたりしてピクニック気分の私だったが、家に帰った母は、私がいないと大パニック。

書置きでもしとけば良かったんだけど、そんな知識はまだ持ち合わせてなかった(確か)。

で、母は「もしかして自分で新居に向かったんじゃないんだろうか」と新居までの道に私がいないか確認して回ったらしいんだけど、

私が通っていた道はあくまでスーパーへの道。新居へ行くには少し遠回りな道筋だった。

結果としては2時間くらいあと(結構道草楽しんでた)に新居にたどり着いた。

たどり着くや否や、ずっと探し回っていた母に泣きながら怒られた。

普通に不審者とかいたご時世だったし、警察とかにも連絡入れてた(捜索とまではいなかったけど)母は修羅場だったと思う。

ちなみに父はそんなに心配してなかったらしく、むしろ「お前こんなことまでできるようになったのか」と成長を実感していたらしい。


16: 名無しさん@おーぷん 2015/01/27(火)12:23:13 ID:VcQ

>>11

お父さんwwww


引用元: ・今までにあった最大の修羅場を語るスレ4

おすすめ記事

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ