おすすめ記事
おすすめ記事
おすすめ記事
おすすめ記事

3年間娘と信じて育てていた子供が、親父と嫁の間に生まれた子供だと発覚した

677: 名無しさん@おーぷん 2015/03/19(木)09:29:26 ID:QCv



3年間娘と信じて育てていた子供が自分の父親の子供だと発覚したときの衝撃はすごいね。

何にも考えられなくなって頭の中が真っ白になりました。

昨日ようやく決着がついたんだけどもさ。本当に大変でした。

話はおととしの年末に親父がひき逃げに遭ったことに始まった。




無防備な状態だったところを車で吹き飛ばされて死ななかったのが不思議なくらいの事故だった。

ところがその時に親父は自分が死ぬと信じてるものだから、(この時は俺もおふくろもそう思ってた)

過去の悪行を息も絶え絶えながら白状し始めた。

それがおれとの嫁との不倫だったわけ。ついでに娘は自分の子供で、自分が死んでもかわいがって育ててやってくれだと。

その時は死にそうな状態だし、四六時中血圧だなんだと看護師や医者が出たり入ったりで、

わけのわからないことを言ったりもしてたから、脳が混乱してるのかせん妄なのかで終わってたんだけど、

少し回復してからその話をみんなでいるときにしたら、明らかに親父と嫁の態度がおかしかった。

その場では気づかないふりをしたが、疑惑がどんどん大きくなり娘のDNAを鑑定してもらった。

結果、兄妹でした。

その後すったもんだがあり嫁とは離婚。しかしここでもめたのが娘のこと。

俺は自分の戸籍に娘がいることに我慢がならなかったが、ここで世間体が悪いとおふくろが言い出した。

ここからおやじだけでなくおふくろとも絶縁。嫁両親も娘を俺の戸籍から外すことには難色を示したが、

ここで嫁父が棒私立高校の校長をしていることが功を奏し、娘両親の特別養子にすることに成功。

ようやく決着がついた。本当にこの1年は長かった。

これからは親父とおふくろとも関わらずに生きていこうと思う。

親父のくせに息子の嫁と不倫なんて最悪だよな。

電子書籍 コミック



678: 名無しさん@おーぷん 2015/03/19(木)09:32:16 ID:QCv



棒私立高校ってなんだ、某私立高校です。

679: 名無しさん@おーぷん 2015/03/19(木)09:35:13 ID:DoN



>>677

なにそれ酷い

精神病んでもおかしくないレベル

一気に家族がいなくなったじゃん

おかんとかどう思ってんだろうな


680: 名無しさん@おーぷん 2015/03/19(木)09:48:16 ID:f0O



特別養子に出しても

養親と養子が離縁したら、お前さんのとこにまた戻ってくるんだぜえ

嫡出否認の訴えをしない限り法律上の親子関係は完全には切れない

まあ、気づいた時点で3歳だったらもう訴えられないけど。


681: 名無しさん@おーぷん 2015/03/19(木)09:50:53 ID:uhX



前にも同じような人いたね。

嫁が托卵するために息子と結婚したって人。とか結婚後父親と不倫された人。

夫の父親と不倫するって事は基本的に好みがぶれないって事かな。

若い夫にはまだない包容力とか…いわいる大人の魅力?に惹かれるのかしら

こういう場合のお父さんは若いのかなぁ

私の舅はとても恋愛対象になるような年齢でも容姿でもなかったけど。

どっちが先に手を出すのかね。なんとなくそうなっちゃったのか?

自分の夫が息子の嫁(の年齢の女性)と恋愛するなんて、考えられないけど。

むしろそんな若い女を捕まえられたら褒めてやるよ!!とは思うけど

相手が息子の嫁だったら母親としては許せないなぁ。

孫だと思って可愛がっていた子が実は夫の隠し子だったら、なんて想像もつかないけど

突然手のひらを返したように愛情がなくなるとも思えない。でも息子の子供として

接するなんてのは絶対無理だな。どうしたって嫌悪感が湧くだろうし。

第一孫は自分の子の子だから可愛いのであって、夫の隠し子は可愛くはない。

677のお母さんの言い分は自分の保身だけなんだよね。理解できないわ。

結局全員が677一人を犠牲にして丸く収めようとしたって事でしょう。

そんなの家族とはいわないよ。

でもこれに懲りず、次こそは素敵なお嫁さんを見つけて幸せな家庭を築いてね。



682: 名無しさん@おーぷん 2015/03/19(木)09:55:43 ID:QCv



>>680

嫡出否認の訴えもしようとしたけど弁護士に相談した結果、

これしか方法がなかった。

ただ、経緯はきちんと記録してあるし打てるだけの手は打ってあるから、

それはないと思うというか必然的にできないと思う。

とにかく俺としては今後一切かかわらずにすむ方法がこれしかなかった。


引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板  3




おすすめ記事

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ